Life goes on with or without you

にゃ(・w・)

好きなもの3:一人の時間

この記事をシェアする

家族や友人と過ごす時間も楽しいけど、一人で過ごす時間も大切。

 

僕はそこまで友人は多くないし、実家から離れて暮らしているので、一人の時間を作りやすい環境にあると思う。

それでも一週間働いて、週末は色々なところに遊びに行くって生活が続くと、一人で過ごす時間が減ってきて精神的に不安定になってくる。

 

なんとなくソワソワして全部投げ出したいーって気持ちが強くなるんだよね。

 

僕は妻よりも早起き遅寝なので、朝と夜は1時間ずつは一人で行動できる時間があるけど、それはちょっと違う。

家の中に誰もいないって空間がちょうど良い。

 

まぁ一人の時間ができたからって生産的なことはなにもしてないけど。。。

自分だけの空間で本を読んだり、音楽を聞いていると心が安らぐ。

 

サッカーの日本代表:長谷部誠さんも心を整えるって本の中で意識して一人になる時間を作っているらしい。

彼は温泉旅行に一人で行くって書いてあったけど、僕もいつかやってみたい。

 

好きな時間に起きて、ゆっくり温泉に入って、本を読む。

それだけで1日を過ごしてみたい。

 

一人で遊びに行ってもいいよーって言われているので、来年は時間を作って一人旅をしてみよう。

 

自分の孤独の時間を自分できっちりできない人には、他人を愛する資格はないと思う。

一人で生きていくことができて初めて、人を抑圧することなく愛せるんだと考えている。

引用:ピート・ハミル

 

一人でいる時間も頭の中に色々な人がいるから孤独じゃないし。