Life goes on with or without you

にゃ(・w・)

ブログを始めたときに読んでいたブロガーの記事はつまらなくなっていった

この記事をシェアする

にゃにゃ。

なぎにゃぎです。

 

僕がブログをまともに読み始めたのは、イケハヤのブログが最初だった気がする。

 

その時期は野球関係のまとめ記事を読むのが好きで、なんじぇいスタジアムやなんJPRIDEなどをライブドアブログからよく見に行っていた。

 

そのときに偶然、イケハヤのブログが目に入ったので読んだのがきっかけ。

まぁサラリーマンを煽っているなーって思ったけど、今よりは全然面白かった。

独自の視点で書かれている記事も多かったし。

今はTwitter貼り付けおじさんになってるじゃん?

知らないけど・・・。

 

そこから「やぎぺー」や「あんちゃ」などの記事を読むようになった。

どっちも若い時期からブロガーとして収入を得て、立派なものですけど、全員つまらなくなった。

まぁ「あんちゃ」に関しては元々面白くはなかったけど・・・。

好きなことを書く→お金のために書く。

そんな感じで記事の内容がどんどんシフトしていった影響かなぁ。

 

僕がはてなブログで書くようになってからは、はてなの人たちを中心に見ているけど、同じような現象が起こっている気がする。

 

この人のクダラナイ記事めちゃくちゃ面白いww

関連記事、おすすめ記事全部読まなきゃ!!

そんな風に思えるブログもたくさんあった。

 

ただ徐々に面白くなくなっていく。

なんでだろう?

検索流入を増やすためにSEOやライティングスキルを勉強していくうちに、その人しか持っていなかった独自の味がなくなっているのかもしれない。

 

または雑記ブログから特化ブログにシフトして、クダラナイ記事が減っていくからかもしれない。

 

僕もブログで収益を得てウハウハしたいと思っているので、その流れを否定することはできない。

それでも時々は以前に書いていたようなクダラナイ記事を読みたい。

 

自分の苦労した経験を面白く書ける人は素晴らしい。

そんな記事を読むとツライことがあっても全然大丈夫。

 

もっと頑張ろうって考えることができるし、自分が苦労した経験も面白く書いて、他の人を笑わせたいって思う。

笑いは世界を救うのだ。

 

そんな感じでおわり。